« 類似商号の調査! | トップページ | 定款について! »

2013年6月20日 (木)

印鑑!

人気ブログランキング⇒おきてがみ
の順番でクリックしてくださいね!

人気ブログランキング
↓↓
不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家
↓↓

おきてがみ

#HANDLE#、いつもありがとうございます!

無言ポチ逃げ歓迎♪

毎日、ブログ更新中sign01

皆様のクリックで、モチベーションが上がりますheart04

当ブログは、2008年3月より開始してます。
6年目になりました。ブログ数も1800を超えました。
そこで、過去のブログを整理しました。

2008年~、・2009年~1号、2号の出来事
2009年~3号買い付けなど、・2009年~3号リフォームなど
2009年~3号入居募集など、・2009年~4号買い付けなど
2009年~4号セルフリフォーム1、・2009年~4号セルフリフォーム2
2009年~4号その他、・2010年~1号、2号の出来事
2010年~3号の出来事、・2010年~4号の計画
2010年~4号のリフォーム、募集、・2010年~4号のその他
2011年~その1、・2011年~その2、・2011年~その3
2012年~その1

上記をクリックすれば
過去ブログに飛ぶようになってます。
詳細は、ブログ左下のバックナンバーや
ブログ左下の「このブログ内で検索→キーワード」などで検索してください。

---------------------

本日は、法人のお話になります。

先日法人設立の流れをしめしましたが、

今回は「印鑑」についてです。

会社設立および事業運営に

最低限必要な印鑑は、

①社長個人の実印、②会社実印、③会社銀行印

の3つです。

よく印鑑屋などで「会社設立3点セット」として

売られている印鑑は、①~③の3点のことを

いいます。

その他、事業運営上必要となるものに

④会社角印(社印)や、⑤ゴム印があります。

---------------------

個人実印

会社設立のために一番最初に行う作業は定款を作成し

認証を受けることですが、その際に必要となるのは

個人実印です。既に持っている場合、

あらかじめ市役所等で印鑑登録します。

(公証人役場で定款の認証を受ける際に、

個人実印の印鑑証明書が必要)。

会社実印(代表者印)

会社実印は、法人設立登記や設立後の諸決議等、

様々な重要局面で必要となります。

印鑑は、「印影が著しく複雑または簡単であるため、

照合に適さないものでないこと」とされ、

一辺が10mm以上30mm以内の

正方形に収まるものでなければならないとのこと。

会社銀行印

会社銀行印と会社実印を

区別していない方もいるようですが、

「銀行からお金を引き出せる、

お金を借りられる印鑑」

として使用するものであるため、

会社実印とは別に作成する方が無難なようです。

「経費節約のために実印と銀行印を兼用しましょう」

と書かれている記事も散見されますが、

かなり危ない行為かと。

というのも、

取引関係者や第三者が印鑑証明書(或いはコピー)を

入手すると、その証明書の印影を使って簡単にお金を

引き出すこともできるかと思います。

多少の出費でリスクを低減できるので、

個別に購入が最良かと思っています。

会社角印(社印)

角印とは、四角い印鑑をさし、

社印とも呼ばれています。

主に請求書や領収書などで使用されます。

請求書などに安易に「会社実印(代表者印)」

や「会社銀行印」を押印するのは、

印鑑偽造等、大変危険だと思います。

ゴム印

(ほかに 横版、住所印、宛名印、

小切手印 などの呼び名あり)

ゴム印とは、会社の住所・電話番号・

会社名・代表取締役名などが

刻印されているスタンプのことをいいます。

ゴム印を買っておくと、

伝票などへの住所記載の簡略化に役立つとのこと。

個人銀行印

銀行預金等の安全性を重視するのであれば、

①社長個人の実印(個人実印)とは別に個人銀行印も

持っておくと良いかと。

---------------------

まだまだ、勉強中です。

人気ブログランキング⇒おきてがみ
の順番でクリックしてくださいね!

人気ブログランキング
↓↓
不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家
↓↓

おきてがみ

#HANDLE#、いつもありがとうございます!

無言ポチ逃げ歓迎♪

|

« 類似商号の調査! | トップページ | 定款について! »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 類似商号の調査! | トップページ | 定款について! »